Amazon Echo のある暮らし。とあるサラリーマンのごく普通の日常【平日・仕事編】

Amazon Echo Plusを購入してから半年が経とうとしています。

買って間もない頃は音楽を聞いたりタイマーをセットするぐらいしか使い道が無かったのが、

スマートリモコンのNature Remo miniを導入したり、部屋の電球をスマート電球Magic Hueに変えることで少しづつ出来ることが増えていきました。

今ではすっかり日々の生活に溶け込んでしまって無くてはならないものへと変わりつつあります。

今回はそんなAmazon Echo(plus)の魅力を、平日仕事がある日の1日を例にとって、時系列でご紹介したいと思います。

8:00 起床と共に部屋のスイッチを全てオン

ベッドから起きてカーテンを開けたら、

アレクサ、おはよう」の一言。

これで寝室と廊下の電気、あとはクーラーの電源がオンになります。

8:10 朝の身支度をしながらニュースを流し聞き

歯を磨いて顔を洗ったら、朝食の準備。昨日の残り物を電子レンジで温めます。

その間にアレクサには朝のNHKニュースを流してもらいます。

朝は時間がないのでご飯を温めてる間にシャツのアイロンがけも同時並行。

ホンネくん

超マルチタスクだね。

8:30 そそくさと出勤

服を着替えて朝食を食べたら、そそくさと出勤。

アレクサ、いってきます」と玄関から一言。

これで部屋の全ての電気とクーラー、テレビの電源をオフにしてくれます。

この機能のおかげで、家を出る際の「あれ、クーラー消したっけ」って心配が無くなりました。

そんなこんなで、朝の出勤タイムは無事終了。あとは職場で1日の業務に集中します。

20:00 仕事が終わって帰宅

仕事が終わって帰宅。手には帰り際に寄ったスーパーの食材。

でも両手が塞がってても大丈夫です。

アレクサ、ただいま

これで部屋の電気と廊下の電気、クーラーとテレビの電源をつけてくれます。あとは冷蔵庫に食材を詰め込むだけです。

20:15 音楽をかけながら晩御飯の用意

服を着替えて早速晩御飯の用意。

料理中は暇なんで適当にBGM流してます。アレクサに頼めばジャズでもヒップホップでもオススメの音楽を流してくれるんで楽チンです。

因みにですが、上の写真はあくまでイメージですよ。僕はもこみちじゃないのでこんなお洒落な料理は作れません。

料理を作ったらあとは美味しくいただきます。

ご飯を食べたあとは自由時間なので、スマホをいじったりお風呂に入ったりしてます。この時にBGMとしてジャズを流すこともあります。

2300 明日の準備をしながら天気予報

お風呂から上がって寝るまでの間、明日の準備を。

ついでにアレクサに明日の天気を聞きます

雨晴れの予報の他に、最高気温と最低気温もちゃんと教えてくれるんで明日の服装も事前に考えて、用意しています。

23:30 リラックスタイム

明日の準備も終わったんで後は寝るだけ。ベッドでスマホや本でも見ながらウトウトするのを待ちます。

アレクサにはモーツァルトや癒し系スキル525のリラックスミュージックを流してもらいます。

00:00 就寝

ウトウトと眠くなったタイミングで

アレクサ、おやすみ

部屋の全ての電気とクーラー、テレビの電源がオフになります。

そしてそのまま就寝。


以上がアレクサと過ごす平日の1日です。

もちろん忙しい時やイベントがある時はこんなに優雅な生活はしていません 笑

でも一声かけるだけで部屋の電気を全て消してくれたり、天気予報を教えてくれる機能は忙しい時でも重宝してます。

ホンネくん

むしろ忙しい時こそアレクサの本領発揮だと思うよ

まとめ

こんな感じでアレクサと共に過ごす日常をご紹介してみました。改めて振り返ると、毎日使い倒してるなーって思います。

映画で見たSFの世界がすでに自分たちの日常に浸透してきてるのは何だか不思議な気分ですね。

おすすめの関連記事はこちら
「Amazon Echo Plus」を購入。開封の儀・外観レビューまとめ