AirPods Proを2年間使ってみて分かった本音の良いところ・悪いところを徹底レビュー

2年前にAirPods Proを買って以来、使わない日が無いくらい愛用している筆者。

ただ。。

「便利だなぁ」と感じる一方、少し不便に思う部分も。。。

今回は、AirPods Proを2年間使ってみて分かった本音の良いところ・悪いところをご紹介していきたいと思います。

メリット
  • ペアリングがすごい
  • ノイズキャンセリングのレベルが高い
  • 取り回しがきく
  • 本体が防水で安心
デメリット
  • バッテリーが切れたら聞けなくなる
  • 無くしそう
  • 充電ケースは防水ではない
  • 音質はそこそこ
  • 高い

そもそもAirPods Proってなに?

AirPods ProはAppleから販売されている完全ワイヤレス型のイヤホン。

2019年10月30日に発売された製品で、AirPodsと比べて音質やノイズキャンセリングの性能が高いことで知られています。

詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

AirPods Proを2年使って分かった本音の良いところ・悪いところ

説明はそこそこに。本題の、良いところ・悪いところをご紹介しちゃいます!

ホンネくん

2年も使ってると「こんなところが便利だなぁ」とか「ここはちょっとダメだなぁ」と感じるところが出てきたよ
メリット
  • ペアリングがすごい
  • ノイズキャンセリングのレベルが高い
  • 取り回しがきく
  • 本体が防水で安心
デメリット
  • バッテリーが切れたら聞けなくなる
  • 無くしそう
  • 充電ケースは防水ではない
  • 音質はそこそこ
  • 高い

メリット

ペアリングがすごい

ペアリングが本当に簡単です。普段iPhoneで音楽を聴く人にとって、ここまで手軽に使えるワイヤレスイヤホンはそうそう無いのでは。。。

ケースの蓋を外すだけでペアリングが完了する手軽さは純正の特権と言えますね。

ホンネくん

ケースからAir Podsを取り出した時点でペアリングできてるって凄すぎない?意味わかんない。。

ノイズキャンセリングのレベルが高い

ノイズキャンセリングのレベルもこの小さな本体に搭載してるのが不思議なくらい高品質なものです。

街中の雑踏音や電車の音がワンタッチで小さくなることには感動を覚えるほど。

ただ、完全に音が消えるのか。と言うとそうでもなく、もっと効果を感じたい方はBOSEのカナル式ノイズキャンセリングイヤホンの方が消音性能は高いと思います。

取り回しがきく

完全ワイヤレスのイヤホンを初めて使ったのですが、ケーブルが無いだけでこんなにも煩わしさが消えるのかと思いました。

有線イヤホンに戻れない人の気持ちが理解できた気がします。

運動をするときはもちろん、家事をしたり、キーボードをタイプするとき、いつでもどこでもワイヤレスで使える便利さを一度味わってみてほしいです。

ホンネくん

立ち上がった時にケーブルが膝に引っかかって耳からイヤホンが無理やり引き抜かれる現象が無くなった(言ってる事伝わるかな?笑)

本体は耐汗・耐水で安心

AirPods Proは耐汗・耐水性能の「IPX4」に相当します。完全防水ではないですが汗や軽い水飛沫程度なら耐えることができます。

音質はAirPodsより良い

音質はワイヤレスイヤホンの中では”中の上”。といったところ。

バングアンドオルフセンやBOSEのようなオーディオ専用メーカーが開発したイヤホンに比べたら音質は劣ります。

ただ、AirPodsより音質は良いです。

僕は単純な音質の良さよりも、蓋を開けるだけでペアリングが完了する手軽さに惹かれて買ったので、この辺に不満はないです。

デメリット

バッテリーが切れたら聞けなくなる

当たり前ですが、バッテリーが切れたら何も聞けなくなります。ワイヤレスなので。。

連続使用で4.5時間は使えるとはいえ、うっかり充電が切れてしまうと、ただの耳栓になります。その辺りが心配な人はモバイルバッテリーを持ち歩く必要がありますね。

ホンネくん

電車に乗ってるときに音楽を聴こうと思ったら充電が切れてる。みたいな場面が何回かあったよ。ちょっとショックだった。。

無くしそう

AirPods Pro本体はすごく小さいです。耳栓レベルの小ささ。うっかり耳から外れてそのまま排水口などに落ちないか心配になります(そんなことはないと信じます)

充電ケースは耐水ではない

AirPods Pro本体が耐水なので、充電ケースも?と思いきや、こっちは違います。うっかり濡らしてしまわないように注意しましょう。

音質はそこそこ

メリットの項で「AirPodsより音質がいい」と書きましたが、そうなんです。

AirPodsより音質はいいのですが、それだけなんです!笑

もっと高音域の伸びが欲しい。低音の迫力が欲しい。って方はBEATSやBOSE、SONYのイヤホンを買った方が幸せになれるかもしれません。

値段が高い

当たり前かも知れませんが、ここまで高性能だと値段も高くなっちゃいます。

税込み28,288円。

これを高いと取るか安いと取るか。人それぞれですが、筆者は単純に「イヤホンにこの値段は高ぇな!」と思ってしまいました。

ただ、純正ならではの便利さとApple製品独特のデザイン性の高さに惹かれて購入しちゃいました。(後悔はしていません!笑)

まとめ

こんな感じでAirPods Proのレビューをしてみました。

バッテリーの心配がやや面倒だと感じる一方で、線がないことによる取り回しのしやすさや、ケースの蓋を開けるだけでペアリングが完了する手軽さのメリットは捨てがたいと感じます。

値段も安くなく懐に痛い買い物でしたが、使い始めて2年経った今でも現役バリバリで毎日使っているので、コストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。

ホンネくん

毎日使うものにお金をかけるって気分がいいよね