VR ZONE OSAKA で本格派VRを体験。実際に遊んでみた感想や混雑情報まとめ

VR ZONE OSAKAで本格VRを体験 感想・基本情報まとめ

2018年9月に大阪梅田にオープンした大型VR体験施設。その名も「VR ZONE OSAKA

関西で初めての大型のVR施設とあって結構な人気みたいですね。ミーハーな僕も”非日常”を体験すべく早速行ってみました。

この記事では実際に施設で遊んでみた感想やVR ZONE OSAKAの基本的な情報をすべてまとめています。

気になるけどまだ行ったことがない人はこの記事を読んで予習してみてくださいね。

VR ZONE Osakaとは?

vrzoneosakaの入口の写真https://www.showroom-live.com/event/vrzone_osaka_showroom_men から引用

VR ZONE OSAKA とは株式会社バンダイナムコが運営する全国に二つしかない大型VR施設「VR ZONE」の大阪店の名称です。

このVR ZONE OSAKAのほかにもVR ZONE SHINJUKUが存在し、名前の通り東京の新宿に位置しています。

と説明しましたが。。。

なんと、2019年3月末で新宿の店舗は営業を終了。それによって実質はこのVR ZONE OSAKAが日本で唯一の大型VR施設となりました。

ホンネくん

VR ZONE SHINJUKU はもともと期間限定営業だったみたいだね。大阪の方はそんな情報は今のところないけど、もしかしたらあと数年で営業が終わっちゃう可能性もあるかもね。

館内で遊ぶことができるアトラクションやイベントは「アクティビティ」といった名前で呼ばれ、2019年4月時点では15のアクティビティを体験することができます。

場所は梅田のど真ん中HEPの中

vrzoneosakaが入居しているhepfiveの写真https://apparel-web.com/pickup/108802 から引用

場所は赤い観覧車でおなじみのHEP FIVE。8階と9階に位置しています。

梅田のど真ん中にこんな大型の施設がオープンするとはびっくりですね。

住所大阪府大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 8F、9F
電話番号06-6366-3734

営業時間は夜の10時半まで

梅田の夜景の写真

営業時間は朝の11:00から夜の22:30まで

最終入場は21:30で、アクティビティ受付終了時間は22:00となっています。

プチアドバイス
営業時間自体は22:30までですが入場は21:30までに入っておかないといけません。仕事終わりや放課後に行く人は気をつけましょう

中でご飯は食べられません

施設内では飲食の持ち込みは全て禁止されていて、中にはカフェやレストランもありません

途中でお腹が減ったり喉が渇いたらインフォメーションカウンターにて、再入場の手続きをしたあと、施設の外で飲食をする必要があります。

しかも21時30分までに戻らない場合は再入場ができないので注意しないといけないみたいです。

プチアドバイス
再入場の手続きがめんどくさかったり、最終入場に間に合うか心配の人は入場前に全てすませておくのが無難です。

予約時はいくつか注意点が、、、

VR Zone Osakaを確実に楽しみたいなら予約は必須。

ですが、予約に当たっていくつか注意点があります。

  • 決済後のキャンセル・他券への振り替え・予約日時の変更ができない
  • アクティビティは混雑時60分以上待ち時間になる場合があるがそれでも予約のキャンセルはできない
  •  入場予定時間を指定しなければならない

例えば決済終了後に、やっぱり違う日に行きたいってなった場合や違う時間に入場したいってなった場合も変更や払い戻しはできません

あと、オープンからしばらく経っていることもあって、人が多くて入場制限になることは稀だと思います。

MEMO
当日混んでいないか心配なら、予約サイトに行ってみましょう。「購入はこちらから」をクリックしたらカレンダーが表示されるのでそれで混雑しているかどうかが分かります。もちろんこの時点では購入したことにはならないから安心して下さい。

この点を踏まえると、確実にその日時で行くと決まっている人以外は当日に購入した方がいいかもしれません。

チケットは1day4チケットセットがお得でおすすめ

vrzoneosakaのチケットの写真https://l-tike.com/leisure/feature/vrzone-osaka/18082300/ から引用

チケットの種類はいくつかありますが。

オススメのチケットは入場券とアクティビティ利用券4枚がセットになった、1day4チケットセット

1人だと4,400円(税込)で購入することができます

このチケットセットは一緒に購入する人数が多ければ多いほど割引されるシステムになっています。(最大4人まで)

今回僕は友達と4人で行ったので、全員合わせて15,600円(税込)でした。つまり一人当たり3,900円なので500円もお得に買うことができた計算です。

VR ZONE OSAKAで遊べるアクティビティは15種類

2019年4月現在で15個のアクティビティが用意されています。各アクティビティの紹介を簡単にします。(公式サイトからの引用です)

ゴジラVR

この一撃は外せない

ゴジラの圧倒的な巨体、絶望的な破壊、次々と撃墜される仲間たち・・・

この国を守れるのは君たちしかいない!
攻撃ヘリ部隊の一員となってゴジラと戦え!

ゴジラの猛威をVRで間近に体験!

血液凝固弾を命中させろ!

エヴァンゲリオンVR The 魂の座:暴走

逃げちゃダメだ。エヴァとシンクロする、圧倒的スケール感

VR史上初!パイロットとしてのエヴァ操作体験。
仲間と4機で出撃し、使徒を殲滅せよ!

ガンダムユニコーンVR 激突・ダイバ上空

その手から、落ちたら最期。
戦いの舞台は、夜景煌めく高度120mのお台場上空へ!実物大のユニコーンガンダムの手にしがみつき、ド迫力の空中戦に巻き込まれる恐怖を体験せよ!

大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー

ぜーーーんぶ、こわしちゃえ!
ストーリー
ナゾの生命体「ギャラガ」が宇宙から次々と地球に攻めてきました!スゴ腕サイエンティストのマッド博士がこの日のために発明したスゴいエレベーターで一気に地上150mへ。
ギャラガに攻撃されるとエレベーターはどんどんこわれてしまうので気を付けて!
マッド博士から次々と渡されるスゴい武器を手に、2人で協力して超大量のギャラガをぜーんぶこわしちゃえ!!

ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波

全宇宙最強のかめはめ波体験、ついに登場!!
悟空に会って、直々に修業をつけてもらえる!
全身のチカラを込めて、ぶっ放せ!!

釣りVR GIJIESTA

大自然の中でルアーフィッシングを体験できるVRアクティビティー!
さあ、ルアーを投げて、巻いて、野生のサカナをつりまくれ!!

極限度胸試し 高所恐怖SHOW

ムリ!ムリ!ムリッ!たった一歩が踏み出せねえ!!
途中リタイア続出!地上200メートルで極限の度胸試し!
地上200mの高さまでお連れします。
恐怖で一歩も踏み出せなくても、体験料はお返しできません。
板から足を踏み外した場合、すぐに体験終了となります。ご注意ください。

急滑降体感機スキーロデオ

絶望絶壁 君は滑りこなせるか?
崖が切り立つ広大な雪山を、猛スピードで急滑降!!
暴れるスキーを必死でコントロールせよ!専用体感マシンによるスキーの挙動と強烈な振動が驚異の臨場感を生み出します。
ゴールまでの道筋はいくつも存在します。最速タイムでゴールを目指してください。

恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル

恐怖!人間踊り食い!
絶望の淵で正気を保ちつつ、無事生還することができるのか?このサバイバル体験を仲間と共有せよ!

ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)

決してひとりでは入らないでください・・・

このお化け屋敷は本当に襲われる!

VRが切り開くかつてない恐怖体験

友達と一緒に、呪われた廃病院から脱出せよ!
生き残るためのルールは、制限時間内に脱出すること。
ただし仲間の誰か1人でも死亡した場合は、全員殺される…

巨大風船爆発ルーム パニックキューブ

みんなで半狂乱!PANIC CUBEとは、狭い牢屋に閉じ込められ、部屋いっぱいに膨らむ本物の巨大風船にぎゅうぎゅうに押しつぶされながら、仲間と協力してミッションクリアを目指す「巨大風船爆発ルーム」です。

~制限時間内にすべてのミッションをクリアして、巨大風船(デスバルーン)から生還せよ!!!~

ハネチャリ

堕ちるよ、頑張れ。足こぎグライダー「ハネチャリ」に乗り込み、操作を1つ間違えたら墜落するかもしれないスリルと、雄大な大自然を自由に飛行する爽快感を体験することができます。

思わず足がすくみそうになる恐怖の断崖絶壁から勇気を出して大空の世界へ飛び出そう!
雄大で美しい絶景の中、本当に風を感じながら空を飛ぶ極上な爽快感を体感しよう!

冒険川下りVR ラピッドリバー

みぎみぎぃぃ!
やっぱひだりぃぃぃ!!
岩場に激突!滝つぼに飲み込まれる!転覆する!?
本当の激流下りのように、次々訪れる絶体絶命のピンチをみんなで切り抜けて幻の遺跡を目指そう!

ドラゴンクエストVR

ドラクエに、入ろう!
斬るのは君!!放つのは君!!
ドラゴンクエストの世界に入り、冒険するフィールドアクティビティが登場。
草原、山ろくなどの旅路に待ち受けるモンスターたちとの興奮と緊張の戦い。
仲間とチカラを合わせて大魔王ゾーマとの最終決戦に挑め!戦士、魔法使い、僧侶となって、集いし仲間たちとともに、冒険に旅立て。

ST☆RISH SECRET PARTY!

進行役のアイドルを中心としたST☆RISH全員によるトークステージ

トークには「テーマ」が2つ用意されています。
どちらか聞きたい「テーマ」を1つ選んで、CG STAR LIVE専用のペンライトの色を光らせて教えてください!
進行役のアイドルが、その日の会場の様子を見て、どちらの「テーマ」にするかを決めます。

服装は動きやすい格好がオススメ

https://japanese.engadget.com/2018/05/28/vr-zone-osaka/ から引用

アクティビティの種類によっては体を大きく動かすものがあるので動きやすい格好で行くのがオススメです。

男女共通

  • VRの装置は頭にヘルメットのようにかぶるタイプのものが多いのでピアスやネックレスは着けて行かない方がいいです
  • アクティビティによっては、靴を脱いだり履き替える必要があるので、サンダルや指先の空いた靴は避けた方がいいです
  • 浴衣、装飾の大きいコスプレ衣装は公式サイトにも書いてある通り禁止されています。

男性

  • 髪型をツンツンにバッチリ決めてもVR装置を頭からかぶるので全部潰れてしまいます。ナチュラルヘアでいきましょう。

女性

  • 座ったり自転車をこぐような動作をするアクティビティがあるのでスカートは避けた方が無難です。(一応、施設内にはブランケットも用意してあります。)
  • 高いヒールの靴は公式でもご遠慮くださいとあるので履いていかないほうがいいと思います。

VR ZONE OSAKAの混雑具合は?

vr zone osakaの店内の様子http://www.pretty-online.jp/news/19600 から引用

僕が行った日は祝日の春分の日でしたが思っていたより空いていました

遊んでいたお客さんの特徴は以下のとおり。

  • 男性グループは多いが女性グループは少ない。
  • 友達グループは大学生くらいの年齢層が中心。
  • カップルは大学生〜20代前半くらいの年齢層。
  • 家族づれは4~5人家族が目立つ。
  • 全体的に女性客より男性客の方が多い。

VR ZONE OSAKAで実際に遊んでみた感想

ではここからは実際に遊んでみた感想をお伝えします。

今回、購入したチケットは1day4チケットセットだったので体験できるアクティビティは4つ。みんなで一緒に体験できるものを中心に遊びました。

パニックキューブ

一番最初に体験したのはVRとは全く関係のないパニックキューブとよばれるアクティビティ。

制限時間内に問題を解かなければ部屋の中央にある大きな風船が爆発する(VRではなくてガチの本物の風船です)ので、みんなかなり真剣に臨みます 笑

ゲーム開始前には安全のためのゴーグルとゲームを面白くするための手錠を装着します。そのあとは係の方の指示に従って問題の難易度を選びます。ノーマルとハードで選べるようになっています。

問題内容は拡散してはいけない決まりになっているので細かいことは言えませんが、壁をタッチして行うゲームが中心で、頭をかなり使いました

ホンネくん

写真や動画はSNSで拡散しなければ結構自由に撮ることができるよ。

ゴジラVR

ゴジラVRはその名の通りVRの世界でヘリコプターに乗りながらミサイルでゴジラを撃退するのが目的です。

いきなり死角から襲ってくるゴジラも怖いですが、ゴジラが壊したビルや建物の瓦礫が空から降って来る描写がとてもリアルで臨場感があります。

序盤はゴジラが暴れる街並みの中を低空飛行で進んでいきます。

そして。

最後の決戦では火の海と化した街の中心にゴジラが立っていて、そこに向かってミサイルや血液凝固剤を撃つことになります。

血液凝固剤をうまくたくさん口に入れることができれば最期に固まったゴジラをみることができ、これが作戦成功の証となります。

コックピットの作りは精巧で後ろを見渡しても細部まで作りこまれています

恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル

恐竜サバイバル体験 絶望ジャングルは肉食恐竜がいるジャングルをセグウェイみたいな乗り物で走って、ゴール地点に待機するヘリコプターまで向かうゲーム

成功率5パーセントとかなり難易度のたかいゲームでした。

乗り物のスピード以上に恐竜が走る速度の方が速くて、鬼の形相をしながら追いかけてくる肉食恐竜たちは恐怖そのものでした。

ライトのオンオフが可能なので、ライトを消して隠れながら進むのがコツです。もちろんその時は前は見えません。

ゲームオーバーは恐竜に囲まれて生きたまま食べられるという貴重な体験が味わえます。

ホンネくん

思っていたよりホラー要素強めだったから怖いのが苦手な人は要注意かもね

ハネチャリ

ハネチャリは名前の通り羽のついた自転車を漕いで空を滑空するアクティビティ。今までのアクティビティの中で一番爽快でした。

自転車の操縦はペダルを漕ぐと上昇し、前に倒すと進みます。イメージは鳥人間コンテストのような感じです。

制限時間以内に天空の城に到着しなければならないようですが、難易度はそんなに高くなくほとんどの人がゴールにたどり着いていました。

映像のクオリティが高く実際に高いところにいるような感覚があります。

隣で漕いでいる人が見えるのは面白かったです。

映像や音はもちろんのこと、左右から実際に風も吹きだすので五感を通じて楽しむことができました。

ホンネくん

ほとんどのアクティビティで注意しないといけないのが、体験中はアクティビティを待っている人の列から丸見えだってことだよ。
ん?それのどこが注意点なの??

ウワベくん

ホンネくん

例えば変な顔で驚いたり周りをキョロキョロしたり映像の中のものを掴もうとする恥ずかしい姿も周りから丸見えだってことだね
え。それはちょっと恥ずかしいね。確かに要注意。。。笑

ウワベくん

まとめ

ってな感じで「VR ZONE OSAKA」についてご紹介しました。

簡単にまとめてみると

  • VRのクオリティはとても高い。映像がリアル
  • 予約システムや店員さんの接客など総合的なサービスの質はまだまだ発展途上だと思う
  • 友達グループやカップルのお客さんが多い
  • 車酔いしやすい人は少し酔うかもしれない

以上のような感想でした。

VRという性質上、実際の遊園地のアトラクションと比べて視覚情報に頼り切ったアクティビティが多かったので、普段から絶叫マシンやライド型アトラクションに慣れている人からすると少し物足りないかもしれません。

でも、こんなに本格的なVRを体験できる場所は日本でも限られているので一度は体験してみる価値はあると思います。

梅田でデートをするときや友達と遊ぶときの候補に入れてみてはいかがでしょうか。