変なホテル東京 赤坂に宿泊!ホテルの雰囲気や部屋の様子・サービスを詳しくご紹介

テレビや雑誌で話題の「変なホテル」。以前から気になっていたので東京旅行に行った際の宿として「変なホテル東京 赤坂」に宿泊してみました。

この記事では実際に泊まってみて感じたホテルの雰囲気や設備、部屋の様子など気になるポイントを詳しくご紹介していきます。

ホンネくん

宿泊費はいくらなんだろう」「どんなホテルなのか気になる」そんな疑問を持ってる人は気軽に読んでってね

変なホテル東京 赤坂とは

変なホテル東京 赤坂」は名前の通り東京の赤坂に位置する「変なホテル」系列の宿泊施設です。

場所は赤坂の中心部にあるので、交通の便がよく、どこへ行くにしても便利な立地でした。

そもそも「変なホテル」とは??

変なホテルとは世界で初めてロボットが働くホテルとしてギネスにも認定された宿泊施設です。

今回ご紹介する赤坂店の他にも銀座や浅草、大阪や京都にも出店していて、急成長を遂げているホテルチェーンと言えます。

ロボット型の受付や備え付けの自動クリーニング機など、さまざまな先進テクノロジーでユーザーの快適なホテルステイをサポートしてくれるほか、⼀つの形式にとらわれることなく、時代や先々のニーズに応じてサービスや設備を進化させていくことが特徴です

赤坂駅から徒歩5分の好立地

このホテルの一番の特徴はなんといっても超がつくほど便利な好立地

最短で徒歩4分で最寄りの駅に着くことができ、雨が降った時や荷物を抱えている時にありがたいと感じました。

  • 東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅10番出口より徒歩4分
  •  東京メトロ千代田線「赤坂」駅5番出口より徒歩5分
  •  東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」駅10番出口より徒歩8分《赤坂2丁目交番前交差点が目印》

もっと詳しくアクセス方法を知りたい人は公式サイトをみた方がわかりやすいです。

赤坂のほぼ駅前に位置していることもあってか、少し歩くだけで飲食店やコンビニがたくさんあって、小腹が空いた時や旅の合間にさっとご飯を済ませることができました。

ホンネくん

厳密に言うと、赤坂の飲屋街からは少し離れたところにあるから酔っ払いがうるさくて眠れないとかは無かったよ。

モーニングやディナーは併設のパブで

ホテルにはおしゃれなブリティッシュバーが併設されています。

朝食プランがついているお客さんはこのパブでブッフェをいただくみたいです。メニューはフィッシュ&チップスのようなベタなイギリス料理からハンバーガーのようなカジュアルな料理までバリエーション豊かに揃っていました。

ここも詳しくは公式サイトを見ていただいた方が早いと思います。

変なホテル 赤坂の外観と館内設備

変なホテル東京 赤坂ができたのは2018年の7月。

つい最近できたばかりだということもあって、外観や館内設備は全てピカピカの新築でした。

ホンネくん

でも同じような価格帯のアパホテルよりかは質素な感じだね。アパホテルが豪華すぎるだけかもしれないけど 笑

変なホテル 赤坂の部屋雰囲気

今回泊まったお部屋は「LGスタイラールーム/ダブル(禁煙)」と呼ばれるお部屋。

部屋全体の雰囲気としては、正直なところ可もなく不可もなくといったところ。

すこし狭めのビジネスホテルと思っていただければいいと思います。(もちろん部屋によって広さは異なります)

部屋のコンセントは3箇所ほど。ベッドサイドと、冷蔵庫の上、あとはテレビの横です。

部屋の3分の1ほどをベッドが占領しているので、スーツケースを床に広げて荷物を取り出したりするのが結構大変でした。

照明は玄関とバスルーム、あとは天井のシーリングライトとベッドサイドの読書灯が付いていました。どのライトも色が昼白色で、明るさは十分でしたが、寝る前やリラックスしたい時には少し落ち着かないかもしれないです。

部屋のバスルームはとても清潔

バスルームはとても清潔で、どこもかしこもピカピカでした。

しかし、スペース自体は少し狭いので、家から持参した化粧品やドライヤーなどを置いておくのは少し大変かと思います。

もちろんアメニティは用意してあります。毎日補充されます。
注意
トイレから壁を挟んですぐのところにベッドがあるので、人によってはトイレをする際の音が気になるかもしれません。。。。

LGスタイラーが超絶便利

この部屋の最大の特徴である「LGスタイラー」。これは本当に便利な機械でした。(自宅にめっちゃほしくなりました。15万円くらいしますけど。。。)

ハンガーに服をかけて、あとはボタンを押すだけで自動で消臭・シワ取りをしてくれます。

デニムやジャケット、パーカーのような分厚い生地の服も綺麗にシワが伸びていて少し感動しました。

ホンネくん

デニムやスーツのジャケットはアイロンをかけるのに少し手間だよね。ハンガーにかけてボタンを押すだけで全自動でシワを伸ばしてくれるのはめっちゃ楽だよ

変なホテル 赤坂のサービス

変なホテルは原則としてロボットが接客の中心なので、一般的なホテルで受けられる「人が行う接客サービス」は期待できません。(もちろんロボットだけでは対応できない場面もあるので、その際は24時間常駐のスタッフが対応してくれます。)

チェックイン、チェックアウトも機械で全て完結します

例えば、「雨が降ってきたから傘を貸してほしい」「近くの美味しいレストランを教えてほしい」「部屋まで加湿器を持ってきてほしい」などの要望にはそれぞれ部屋に備え付けのスマホを使用したり機械を操作したりと、自発的に行動する必要があります。

ホンネくん

機械の操作が苦手な人には少ししんどいと思うよ。そーゆー人は受付に生身の人間がいるホテルの方がオススメだね。

傘やアイロンなどは受付の電話から貸出可能

傘やアイロンなどは一般的なホテル同様、借りることができます

受付の横に電話が設置してあるので、そこから係りの人に電話をすると奥の控室から持ってきてくれる仕組みです。

注意
アイロンをはじめいくつかの備品は数に限りがあるので、早めに借りた方がいいです。

ベッドメイキングは2日に一回

「エコ清掃」という名前の取り組みから、ベッドメイキングは2日に1しかしていただけません。でもタオル・バスタオル・バスマットの交換やゴミ箱のゴミ捨ては毎日してくれます。

ホンネくん

この部分は賛否両論だね。僕は毎日はする必要ないとおもったから特に気にしなかったよ。

変なホテル 赤坂の宿泊費用

今回このホテルを訪れたのはゴールデンウィークのど真ん中。場所も赤坂なので、さぞかし値段も高いのかなと思いきや、一泊あたり¥6,000とかなり安かったです。(予約は一ヶ月ほど前にしました)

ホンネくん

もしかして、ロボットにサービスを任せてるから人件費が浮いてその分安いのかな。。。。

シーズンによってもちろん変動はありますが大手宿泊予約サイトのじゃらんを見てみても、総じて安い価格設定。宿泊費を抑えたい人にはめちゃめちゃおすすめのホテルです。

宿泊費を詳しく見たいかたはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?

最後に、変なホテル 赤坂の特徴を簡単にまとめてみます。

  • 建物や部屋は新築でピカピカ
  • 超絶便利な立地でどこへ行くにも便利
  • LGスタイラーは最高の機械(ぜひこの機械がついてる部屋に泊まって欲しい)
  • 部屋によっては結構狭い
  • トイレの音がきになる部屋もある
  • ベッドメイキングは2日に1回
  • 宿泊費は場所を考えると格安

今回変なホテルに初めて泊まってみましたが、受けた印象を一言で言うと「超効率化されたビジネスホテル」と言えます。

人がしなくてもいい業務はすべてロボットに任せて、必要最低限のサービスを提供。ついでに最新のテクノロジーにも触れられる。そういったコンセプトのホテルだと感じました。

宿泊費の観点から見ても結構お得なホテルなので上で挙げた特徴に納得がいくならぜひ一度泊まってみることをオススメします。

変なホテル東京 赤坂の予約はこちら