ブリタ浄水ポット「リクエリ」を購入。実際に使ってみた感想や使い方まで徹底レビュー!

「美味しいお水を安く飲みたい!」そんなワガママをかなえてくれる商品があります。。。

名前はブリタ浄水ポット「リクエリ」。

家にいる機会が増えたことや、健康にも気をつけたい思いから筆者も実際に購入してみました。

この記事ではブリタ浄水ポット「リクエリ」を実際に使ってみた感想や使い方まで徹底的にレビューしていきたいと思います。

ホンネくん

水道水を補充するのがちょっとめんどくさいけど、それさえ妥協できるなら一番安く美味しい水が手に入るんじゃないかな
良いところ
  • お水が美味しくなる
  • ちょうどいいサイズ感
  • コストが抑えられる
  • 場所を取らない
  • 重いペットボトルを運ばなくて済む
悪いところ
  • 水が濾過されるまで少し待たないといけない
  • 浄水カートリッジの交換が少し面倒臭い
  • 濾過したお水は常温保存ができない

ブリタ浄水ポット「リクエリ」て何?

ブリタ「リクエリ」

リクエリ」は浄水機器メーカーであるブリタから発売されている卓上ポット型の浄水器です。

全体で入る水の容量は2.2リットル。その内、浄水された水がたまる部分には1.1リットルのお水が入ります。

同社のポット型浄水器の中でも比較的コンパクトな部類に入るため、一人〜二人暮らしの家庭にぴったりのサイズ感と言えます。

ホンネくん

ドアポケットにもすっぽり入るね。これ大事
容量2.2リットル(浄水容量1.1リットル)
サイズ20.2 x 28.4 x 11.0 cm (幅×高さ×奥行き)
その他機能食洗機洗浄が可能・交換時期を知らせるBRITA液晶メモ付

ブリタ浄水ポット「リクエリ」を実際に購入してみた

リクエリのことが簡単に分かったところで、ここからは実際に購入した際の開封の儀&外観レビューをしていきたいと思います。

ブリタ「リクエリ」の外箱の写真

こちらがリクエリの外箱。可もなく不可もなく、至って普通のパッケージと言ったところ。

ブリタ「リクエリ」の開封後の写真

実際に商品を開封した様子です。中身はとてもシンプル。商品本体と説明書が入っているのみです。

ブリタ「リクエリ」の中身の写真

本体の中には、特典でついてくる浄水カートリッジが二つ。あとは使い方の簡単な説明書が入っていました。

ブリタ「リクエリ」で水を濾過している様子

最後に、お水を濾過している様子です。ちょろちょろとお水が濾過されていきます。

ブリタ浄水ポット「リクエリ」の使い方

  • 手順1
    本体をよく洗う
    ブリタ「リクエリ」を洗っている様子

    初めて使う際はポット本体・水受け部・フタの各パーツを食器用洗剤を使用し洗います。浄水カートリッジは洗ってはいけないのでご注意を。

  • 手順2
    浄水カートリッジの気泡を抜く
    ブリタ「リクエリ」の浄水カートリッジの気泡を抜いている様子

    本体やボウルなどに水を貯めて浄水カートリッジを沈めます。その際にカートリッジを静かに振って気泡を抜くのがポイントです。気泡がぷくぷくと上がってきたらOKです。

  • 手順3
    浄水カートリッジをセットする
    ブリタ「リクエリ」のカートリッジを装着している様子

    本体に水受けをセットしたあと、カートリッジを当て込みます。(少し固いので力がいります。)

  • 手順4
    水を入れて濾過をする
    ブリタ「リクエリ」で水を濾過している様子

    ポット上部から水道水を入れて濾過を始めます。

  • 手順5
    濾過を2回繰り返す

    手順4を2回繰り返します。最初の2回は中の活性炭が混ざっている可能性があるので飲んではいけません。

  • 手順6
    美味しいお水を楽しむ
    ブリタ「リクエリ」のお水

    最後は美味しいお水を楽しみましょう!雑味が消えるのでそのままでも料理に使っても美味しいです。

ブリタ浄水ポット「リクエリ」を実際に使ってみた感想

ブリタ「リクエリ」

実際に使ってみてまず思ったのは「本当に安く手軽に使える」ということ。

今まで美味しいお水を飲もうと思ったら、ウォーターサーバーを契約したり重たいミネラルウォーターを定期的に購入しなければならないと思っていました。

しかし、リクエリを使うと拍子抜けするぐらい簡単に美味しいお水が手に入ります。

ホンネくん

蛇口をひねって水道水を溜めるだけで良いもんね

また、カートリッジ1個分で200リットルもの水を浄水できるので、コストを気にすることなくジャブジャブ使えるのも大きいです。

※コストパフォーマンスに関しては後述の「コストパフォーマンス」の項で詳しく説明します。

ブリタ浄水ポット「リクエリ」の良いところ・悪いところ

良いところと悪いところもまとめてみました。簡単に安く美味しいお水が手に入るのは魅力ですが、水が濾過されるまで数分かかってしまうことや浄水カートリッジを自分で交換しないといけない点が少しマイナスだと言えます。

良いところ
  • お水が美味しくなる
  • ちょうどいいサイズ感
  • コストが抑えられる
  • 場所を取らない
  • 重いペットボトルを運ばなくて済む
悪いところ
  • 水が濾過されるまで少し待たないといけない
  • 浄水カートリッジの交換が少し面倒臭い
  • 濾過したお水は常温保存ができない

ブリタ浄水ポット「リクエリ」のコストパフォーマンス

ブリタ「リクエリ」のお水

リクエリのことが分かったところで、ウォーターサーバーや市販のミネラルウォーターと比べて、どのくらい安く使えるのか気になりますよね。

この項ではリクエリとウォーターサーバー、市販のミネラルウォーターにおける1リットルあたりの価格を比較してみたいと思います。

さっそくですが各項目を計算してみました。

浄水ポット「リクエリ」

リクエリで使用する浄水カートリッジはおおよそ4個入り2,680円で販売されています。

つまり1個あたり670円。

カートリッジ1個につき200Lまで濾過が可能なので。。

1リットルあたり 3.35円で美味しいお水が飲める計算になります。

この数字に水道代を加味したとしても4ほどの金額です。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバー最大手のクリクラで契約した場合を想定します。

クリクラでは12リットル入りのボトルを1,460円で販売しているので。。。

単純に計算すると、1リットルあたり121で美味しいお水が飲める計算になります。

ミネラルウォーター

市販のミネラルウォーターは沢山の種類がありますが、今回はAmazonで最安だったミネラルウォーターキリン アルカリイオンの水 (2L×3本)で計算してみます。

2L × 3本のセットで239円なので、1本あたり80円。

1本につき2L入っているので。。。

単純に計算すると、1リットルあたり40で美味しいお水が飲める計算になります。

リクエリ・ウォーターサーバー・ミネラルウォーターのコスパを比較した結果

各項目を比較した結果を以下にまとめてみました。

1リットルあたりの価格
浄水ポット「リクエリ」約4円
ウォーターサーバー(クリクラ)約121円
ミネラルウォーター(キリン)約40円

言うまでもなく、リクエリの安さが際立つ結果になりました。

もちろん、ウォーターサーバーや市販のミネラルウォーターにも利点はたくさんあります。(サポートが充実している、自分で水を濾過する必要がない等)

しかし、安さやコストパフォーマンスで選ぶとすればリクエリ一択と言っても過言ではないでしょう。

ホンネくん

最初にも言ったけど、水道水を補充したり濾過を待つことが苦にならないなら買った方がいいし、そうでないならウォーターサーバーとか契約した方が幸せになれると思う

まとめ

こんな感じでブリタ浄水ポット「リクエリ」をご紹介してみました。

リクエリでお水を濾過するようになってからは、自然と水分をよく取るようになったと思います。

そのままで飲む以外にも、紅茶やコーヒー・料理を作る際にも使えるのでかなり重宝しています。

ホンネくん

お味噌汁を作ったり出汁を取る時に使うと雑味が取れて美味しくなるよ

1リットル4という安さで美味しいお水が飲める生活。気になる方は初めてみてはいかがでしょうか??

合わせて読みたい

おうちを楽しむ “おうちを楽しむ”特集 イソップのアロマオイル「アヌーク」を購入。実際に使ってみた感想や使い方をご紹介!